BLOGお役立ち記事

天井に映すためのプロジェクターの選び方とおすすめ機種をご紹介|CINEMAGE

プロジェクターを天井に映す

天井に投影できるプロジェクターを知りたい」「天井に投影するプロジェクターの選び方を知りたい」と悩みを抱えていませんか?

安い物ではないので、プロジェクター選びには慎重になりますよね。

天井投影に適したプロジェクターは、小型のモバイルプロジェクターになります。

この記事では、天井に投影できるプロジェクターの選び方、おすすめのプロジェクターを紹介します。

選び方だけではなく、天井にプロジェクターを投影する方法もお伝えしていきます。

ぜひ最後まで読んで、天井投影に向いたプロジェクター選んでください。

LINE登録

プロジェクターを天井に映すメリット

プロジェクターを天井に映すメリット

天井に投影するメリットを紹介していきます。

子供の寝かしつけにおすすめのアプリも紹介していきます。

横になりながら楽しめる

子どもの寝かしつけにも便利

プロジェクターを天井に映すせば、首や腰が疲れずに投影した映像を楽しむことができます。

普段テレビや映画を観ていると、姿勢が崩れて首や腰が疲れてしまいます。

天井に投影できれば、ベッドやソファで寝ながら映像を楽しめます。一番リラックスした状態で観る映像は「やみつき」になります。

子どもがいる場合は、寝かしつけにも利用できます。

例えば絵本を読む場合、持っているのが大変だったり、声に出して読んでいるため喉が疲れる、なんてこともあると思います。

天井に絵本やアニメーションを投影すれば、喉が疲れたり、絵本をずっと持つ手間もなくなります。

「絵本アプリ」と「プロジェクター」を掛け合わせることで、寝かしつけが楽になるかもしれません。

以下におすすめの、睡眠アプリをまとめました。

学研のえほんやさん

学研のえほんやさん

GAKKEN CO.,LTD無料posted withアプリーチ

絵本の読み聞かせ◆森のえほん館

絵本の読み聞かせ◆森のえほん館

I-FREEK INC.無料posted withアプリーチ

日本昔話・世界の童話がいっぱい「ゆめある」動く絵本

日本昔話・世界の童話がいっぱい「ゆめある」動く絵本

yumearu Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

プラネタリウムを楽しめる

「プロジェクター」と「星座表アプリ」を使うと、プラネタリウムのような空間を作り出すことができます。

部屋にいながら、満天の星空を観れます。

本格的なプロネタリウムには及ばないが、真っ暗な部屋で星の映像を楽しめば、プラネタリウムのように楽しむことができます。

以下におすすめの、星座表アプリをまとめました。

Star Walk 2 Ads+ 星、衛星や惑星を昼夜に見る

Star Walk 2 Ads+ 星、衛星や惑星を昼夜に見る

Vito Technology Inc.無料posted withアプリーチ

スカイ・ガイド

スカイ・ガイド

Fifth Star Labs LLC無料posted withアプリーチ

Stellarium Mobile - スターマップ

Stellarium Mobile – スターマップ

Stellarium Labs無料posted withアプリーチ

こちらの記事では、星座アプリを含めた、おすすめのアプリを13選に渡り紹介していきます。

部屋の広さや家具の配置に関係なく楽しめる

プロジェクターの投影は、部屋の広さや家具が邪魔で「設置に手間がかかりそう」と懸念されがち。

天井であれば、部屋の広さや家具、壁の装飾を無視して投影できます。

どんなに小さな部屋でも映しだせ、天井までの距離も十分に取れます。

天井に投影するためのプロジェクターの選び方

CINEMAGE Pro

天井投影に適した、モバイルプロジェクターの選び方を5つ紹介していきます。

ぜひモバイルプロジェクター選びの、参考にしてみてください。

小型なモバイルプロジェクターがおすすめ

プロジェクターは2つのタイプに分けることができます。据え置きタイプ」と「モバイルプロジェクターに分けられます。

据え置きプロジェクターモバイルタイプよりも大きく重たい
三脚で支えられない
天井投影が難しい
モバイルプロジェクターバッテリー搭載モデルが多い
コードレスで使いやすい
軽いため三脚でも支えられる(持ち運びがしやすい)

据え置きタイプのプロジェクターは、高性能・高画質であるが、その重さや大きさから天井投影には向かないプロジェクターです。

一方モバイルプロジェクターは、小型の物が多くバッテリーも搭載されコードレスで使えます。

さらに、軽くて持ち運びが便利なモバイルプロジェクターなら、アウトドアシーンでも活躍してくれます。

接続方法をチェック

天井投影をするには、プロジェクターと映像再生機器を接続する必要があります。

商品によって接続方法が異なりますが、一般的にはHDMIケーブルを使って接続します。

パソコン、ゲーム機、ビデオカメラなどの映像を高画質で投影できます。

ただ、パソコンなどのAV機器はケーブルが邪魔で扱いにくいと思います。

そこで、Android OS搭載のモバイルプロジェクターなら、無線接続が可能となりプロジェクター単体でも利用できます。

OSはYouTubeやNetflix、Amazon PrimeVideo、huluなどを投影できます。

iPhoneとモバイルプロジェクターの接続方法や必要な物を、こちらの記事でまとめています。

オートフォーカス・自動台形補正機能をチェック

天井投影に欠かせない機能が、オートフォーカスと自動台形補正機能です。

モバイルプロジェクターの多くは、天井に投影することを目的としておらず、壁やスクリーンに投影を目的としています。

そのため無理な角度での投影が難しいだけでなく、映像が歪んだりボケて見えてしまいます。

自動台形補正機能がついていると、投影面に対して斜めの位置からでも、自動で長方形に修正してくれます。

オートフォーカス機能は、画像が大きくなることでピントが合わない、ボケるといった、調整のわずらわしさを解消してくれます。

両方の機能があると、子供がいたずらしてしまっても、自動で修正してくれます。

明るさをチェック

映像を楽しむためにも100ANSIルーメン以上の、モバイルプロジェクターを選ぶ必要があります。

明るさが低いと映像が「見にくい」といったストレスを感じてしまいます。

明るさを表すルーメンという表記は2種類あり、「ルーメン」と「ANSIルーメン」があります。

「ANSIルーメン」と記載されている方が安心です。

ANSIルーメンは国際規格によって定められた値になります。

ルーメンだけの表記は、メーカーなどで基準が異なるため、ばらつきがあります。

なので、100ANSIルーメン以上の物がおすすめとなります。

スピーカーをチェック

モバイルプロジェクターは設置性や手軽さから、天井投影を簡単にできますが、スピーカーが搭載されていなければ、音を出すことができません。

スピーカー搭載型なら、別にスピーカーを購入するコストを抑えられ、モバイルプロジェクター1台で完結できます。

アウトドアシーンで利用する場合も、余計な荷物が減ります。

スピーカー搭載型の判断は、取扱説明書やメーカーホームページで確認できます。

LINE登録

プロジェクターを天井に映す方法

プロジェクターを天井に映す方法

天井に模様や色がないかチェックする

モバイルプロジェクターで天井投影する際に向かない壁色や模様があります。

基本的には白い色が向いています。

以下の画像は実際に白い壁に投影した時の写真になります。(天井も全く同じ色、素材です)

白い壁にプロジェクター投影
引用:壁にプロジェクターを直接投影!スクリーンなしでも大丈夫?

少し凸凹しているものの、綺麗に映し出すことができました。ストレスなく映像を楽しむことができます。

黒に近い色や木目などのデザインされた天井だと、本来の色がうまく投影されずストレスを感じてしまいます。

また、光沢感やラメ入りの天井だと、投影した映像がキラキラしてしまい、映像が観づらいといった影響が出てしまいます。

天井の投影スペースをチェックする

「天井なのにスペースを確認する必要はあるの?」と、思うかもしれませんが、蛍光灯や天井換気扇などに注意する必要があります。

蛍光灯や天井換気扇などが、投影する場所に重なると映像の邪魔になってしまいます。

そのため投影する天井のスペースを確認しておきましょう。

三脚を使用して角度を調整する

三脚がない状態での天井投影は、角度調整が難しくストレスを感じることがあります。

プロジェクターに三脚穴があるか確認しましょう。

三脚を選ぶ際はプロジェクターの重量に耐えられるか、バランスを取れるかを、気にする必要があります。

おすすめの三脚、「マンフロット PIXI MTPIXI-B

また寝室で使う際におすすめなのが、DRAW A LINE(ドローアライン)です。

三脚だと少しお洒落さに欠け、インテリアに馴染みにくいと感じてしまいます。

DRAW A LINEはインテリア性も高く、突っ張り棒タイプの台になるため、モバイルプロジェクターを取り付けて天井投影できます。

寝室のサイドテーブルとして、ベッドサイドに置いて活用できます。

DRAW A LINEとモバイルプロジェクターの詳しい活用を以下の記事で解説しました。

天井投影できるモバイルプロジェクター|CINEMAGE

CINEMAGE Pro

天井投影におすすめなのが「CINEMAGE Pro」と、さらに小型化された「CINEMAGE mini」です。

それぞれ紹介していきます。

CINEMAGE Pro

CINEMAGE Pro

CINEMAGE Proは、天井投影に最適なモバイルプロジェクターです。

CINEMAGE Proの基本スペックを紹介します。

スペックCINEMAGE Pro
天井に投影可能
明るさ200ANSIルーメン
対応OSAndroid OS 7.1.2
直径サイズ9.0cm
投影方式DLP
投影サイズ300インチ
解像度1920×1080P
内蔵バッテリー8,000mAh
メモリ2GB
ストレージ16GB
スピーカー3W
操作方法リモコン/タッチパネル
カスタマイズ一般的な三脚に対応した1/4インチのネジ穴を採用
保証期間1年間のメーカー保証
価格¥78,400

OS搭載で接続方法も簡単

CINEMAGE Proへの接続

CINEMAGE Proは「Android OS 7.1.」を搭載のため、無線接続が可能となります。

小型のモバイルプロジェクターながら、無線接続、HDMI、USBなどの接続方法に対応しています。

有線、無線の両方に対応しているため、HDMIを使ってTVチューナーとの接続やiPhone、Androidでのミラーリングも可能です。

OS搭載のためスマホやパソコンと繋ぐのがめんどくさい場合でも、CINEMAGE Pro1台で様々なコンテンツを楽しめます。

【明るさ】200ANSルーメン

小型のモバイルプロジェクターは、50ANSIルーメンのものもありますが、CINEMAGE Proは200ANSIルーメンの明るさがあります。

200ANSIルーメンは、昼間の明るい部屋でも、はっきりと投影できる明るさです。

さらに、CINEMAGE Proは映画館などで使われる「DLP投影方式」を採用しているため、明るさやカラーコントラストが鮮やかです。

オートフォーカス、自動補正機能

CINEMAGE Proは「プレミアムオートフォーカス機能」を搭載しています。

高速で瞬時にシャープな映像を映し出してくれます。

これまでのモバイルプロジェクターは手動でピントを合わせる必要がありましたが、その手間が要らなくなっています。

自動補正機能もついているため、瞬時に水平な映像を投影できます。

これらの機能が備わっていることで、電源を入れた瞬間に自動補正してくれます。すぐに映像の世界を楽しむことができます。

3Wのデュアル・スピーカーを搭載

CINEMAGE Proはスピーカーが搭載されているため、別にスピーカーを用意する必要がありません。

一般的にモバイルプロジェクターに搭載されているスピーカーは、1W程度の単一スピーカーがほとんどです。

CINEMAGE Proでは3Wのデュアル・スピーカーを搭載してます。

1Wの単一スピーカーと比較しても、高音質なステレオ再生を楽しめます。

CINEMAGE mini

CINEMAGE mini

CINEMAGE miniは、CINEMAGE Proよりも、さらにコンパクトにしたモバイルプロジェクターです。

よりコンパクトにした分「CINEMAGE Proよりも劣るのでは?」と思うかもしれません。ですが、基本的な性能は変わらずCINEMAGE Proよりも安く購入できます。

CINEMAGE Proと比べると、重さは半分まで減り、大きさも35%削減しています。

大きさだけでなく、コストも半分になっています。

CINEMAGE mini の基本スペックを紹介します。

スペックCINEMAGE mini
天井に投影可能
明るさ100ANSIルーメン
対応OSAndroid TV OS 9.0
直径サイズ10.6cm
投影方式DLP
投影サイズ180インチ
解像度854×480P
内蔵バッテリー7,000mAh
メモリ2GB
ストレージ16GB
スピーカー3W
操作方法タッチパネル
カスタマイズ一般的な三脚に対応した1/4インチのネジ穴を採用
保証期間1年間のメーカー保証
価格¥49,800

CINEMAGE Proよりも安い

CINEMAGE miniは基本的な機能は変わらずに、CINEMAGE Proよりも安く手に入れることができます。

大きな違いとしては、明るさ(ルーメン数)や投影サイズが少し下がりますが、それでも、十分なスペックのため、天井投影にも向いています。

100ANSルーメン

コンパクトながら昼間の投影でも問題なしの、100ANSIルーメンもの明るさで映像を投影してくれます。

天井投影にも十分な明るさで映像を楽しめます。

CINEMAGE Pro同様「DLP投影方式」を採用しているため、ドットの格子が目立たずに明るく美しい映像を投影してくれます。

軽量ボディ、持ち運びしやすい

CINEMAGE miniと350mL缶の比較

軽量ボディのCINEMAGE miniは、350mlのアルミ缶よりも小さいサイズです。

さらにその重量は410gと、カバンに入れて持ち運びしても、邪魔にならず負担にもなりません。

さらに、CINEMAGE miniの形は直方体なので、三脚がなくても寝かせるだけで天井投影ができます。

2色から選択できる

CINEMAGE miniは2色のアクセントカラーから選ぶことができます。

プロジェクターは単色が多いですが、CINEMAGE miniは「スカイブルー」と「オーキッドパープル」の2色から選べます。

アクセントカラーがあると、ぐっとお洒落さがあがります。

まとめ

天井に投影する際におすすめなのは、小型のモバイルプロジェクターです。

OS搭載やスピーカー内蔵、自動補正機能などが一体となったモバイルプロジェクターを選べば1台で天井投影を楽しめます。

余計な費用をかけずに手軽に始められるメリットもあります。

また、100ANSIルーメン以上の明るさなら、昼間の明るい時間帯でも映像を観れます。

今回紹介したモバイルプロジェクターは、これらの条件を満たしたいる物になります。探す手間も省けるため、検討してみてください。

この記事をSNSでシェア!

LINE登録

天井に映すためのプロジェクターの選び方とおすすめ機種をご紹介|CINEMAGE” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。