BLOGお役立ち記事

【ホームシアターを作る!】プロジェクターの選び方・必要なスペースとは?

マイホームにホームシアターを作りたいけど

・必要なスペースや道具は何が必要なの?

・ホームプロジェクターは何を買えばいいの?

・ホームシアターを作って、家族をびっくりさせたい!

・手軽に使えるプロジェクターはあるの?

こういった悩みを解決する記事です。


巣ごもり需要の拡大によりNetflixや Amazonプライムなどで、エンタメを楽しむ機会が増えています。

既存のテレビで楽しむことはできるけど「子供・妻とみんなで大きな画面でみたい!」「部屋を映画館のようにしたい!」と普段とは違う体験ができるホームシアターについて解説していきます。

この記事を読むことで、ホームシアター作りに必要な基礎知識が学べます。

家やキャンプでも使えるプロジェクターも紹介していますのでぜひ最後まで読み進めて見てください。

LINE登録

ホームプロジェクターの選び方6つのポイント

ホームプロジェクターを購入する前に知りたい6つのポイントを紹介!

・撮影方式

・投射距離

・明るさ

・コントラスト

・台形補正機能

・サウンド

撮影方式(パネルタイプの種類)

撮影方式は大きく分けて3つのタイプがあります。

・液晶方式

・DLP方式

・LCOS方式

「液晶方式」はカラー表現を得意としています。手頃な価格から高級モデルまで、幅広く商品選択をすることができるでしょう。

気になる点としてはドットの格子が目立ち、コントラストが高くできないといったデメリットもあります。


「DLP方式」は(デジタルライトプロセッシング)鏡を使って光を反射させ投影します。
コントラストが高くドットの格子が目立ちにくいのが特徴。

構造が比較的シンプルな作りになっているため、小型で軽く持ち運びに便利なモバイルプロジェクターが多いです。

コストも安く家庭用のプロジェクターとして人気を集めています。


「LCOS方式」は(リキッドクリスタルオンシリコン)画質重視のプロジェクターになります。

4Kに対応したモデルもあり、とにかく画質を重視したい方におすすめです。
ただ価格が高いモデルになり、予算に合わせて購入する必要があります。

投射距離

部屋で使う場合は事前に、プロジェクターの設置位置から投射距離を測っておきましょう。
100インチ以上の大画面で楽しみたい場合は2〜3mの距離が必要になります。


狭い部屋で設置をお考えであれば「短焦点モデル」がおすすめ。

投射までの距離が短くすむので、限られたスペースでも使用することができます。
それでも投射距離が十分に取れない場合は、天井に投射できるタイプがおすすめ。

レイアウトや設置位置を考えず簡単に投射できます。
天井タイプは寝ながら大画面を楽しめ、子供の寝かしつけの時にも活躍してくれます。

明るさ(ルーメン)

プロジェクターの明るさは、ルーメンと表記されています。
ルーメンの数値が大きいほど明るく投影できます。

家庭用プロジェクターは100〜3000ルーメンと幅広く設定されていますが、真っ暗な部屋で使う場合は100ルーメンあれば十分明るく投影できます。

明るい場所で使う場合は3000ルーメン以上あると安心して利用することができるでしょう。

コントラスト比

コントラスト比とは、最も明るい白色と最も暗い黒色の明るさの比率です。
明暗にどれくらいメリハリをつけられるのかを、数値で表した値のこと。

「1,000:1」のように表記されており、数値が高いほど明暗の部分がくっきりと表現されます。
注意点としては、コントラスト比が高い=画質がきれいとは限りません。

あくまで一つの要素として参考にしてみてください

台形補正機能

家具が邪魔でプロジェクターを正面に置けない場合は、台形補正機能がついているものを選びましょう。


台形補正機能がついていることで、斜めにプロジェクターを設置しても歪んだ映像を調整してくれます。
また、自動補正機能がついていると設定する手間が省け便利になります。

プロジェクターのスピーカータイプは2種類あります。
内蔵スピーカータイプ(モバイルプロジェクター)とプロジェクターと別にスピーカを買うタイプに分けられます。


よほど音質にこだわらないようであれば、内蔵スピーカータイプで十分でしょう。

内蔵スピーカータイプであれば手軽にホームシアターを楽しめ、持ち運びも便利でキャンプやアウトドアシーンにも使用できます。

プロジェクターを設置するのに必要なスペースと道具は?

設置方法

プロジェクターの設置方法には4つの設置方法があります。

・据え置き型

・天井固定型

・壁固定型

・ポータブル型

家庭用で使用するなら据え置き型、ポータブル型がおすすめです。
天井固定型や壁固定型は大きなスクリーンで使用するとより楽しめます。

 

プロジェクターを設置する上で欠かせない道具

  • スクリーン
  • スピーカー

スクリーン

映像を映すためには白いスクリーンが必要になります。


壁に映すことも可能ですが、凸凹していると綺麗に映すことが難しい場合もあるためスクリーンがおすすめです。


スクリーンのサイズはテレビと同じインチ数で表示されてます。


スクリーンを設置する上で注意したいのが視聴距離です。
「スクリーン位置から視聴位置までの距離のことになります。」


視聴距離の参考はこちら

インチサイズ視聴距離
80200〜240
90250〜270
100280〜300
110310〜330
120340〜360
130370〜390
140400〜420

家庭用で使用するのであれば、2〜3mの距離を確保すると大画面で楽しむことができるでしょう。

ソファなどに座って距離を確認してみると、的確な視聴距離がわかります。

ホームシアターに最適なスクリーンの選び方はこちらの記事で紹介しています。

 

スピーカー

映像に合わせて立体的な音を楽しむことができるスピーカーは、細長いものから正方形といった様々な形状があります。

 

スピーカーの出力はW数で表されています。

 

ワンルームであれば5〜15W程度あれば十分な音量ですが、リビングなどで使う場合は20W以上あるといいでしょう。

 

 

ここまで説明してきましたが、「プロジェクター・スクリーン・スピーカー」それぞれを揃えると費用が高くなり、部屋のレイアウト変更や配線を隠すといった手間もかかります。

 

できるだけ費用・手間を省きたい方に向け、次章ではもっと身軽に楽しめるモバイルプロジェクターについて解説していきます。

 

LINE登録

手間要らずで費用削減!モバイルプロジェクターがオススメ

 

モバイルプロジェクターを使用することで

・広い空間で家族みんなで楽しめる

・アウトドアシーンでも使える

・狭いスペースでも焦点が合わせられる

・天井に投影するタイプも多く寝ながら映像を楽しめる

・子供たちが寝た後ゆっくりと好きな映画を見ることもできる

・自分だけの時間を贅沢に使える


モバイルプロジェクターは手で持ち運べるサイズ感で、どこでも気軽に持ち出せるのが特徴です。


その多くはバッテリーを内蔵しているため電源のない野外でも使用することができます。
中には最大300インチの大画面やオートフォーカス機能、スピーカー内蔵の物も多くあります。


またOS搭載ならNetflixやAmazonプライム 、YouTubeといったコンテンツを手軽に利用することができます。

 

モバイルプロジェクターなら費用も抑えられ、設置スペースなど考える手間も省け、すぐに部屋の壁がホームシアターに変わります。

 

これで決まり!CINEMAGE (シネマージュ)

ホームシアターにおすすめのプロジェクター「CINEMAGE」を紹介!

CINEMAGE」はモバイルプロジェクターになります。

CINEMAGEの特徴

・持ち運び可能なサイズ感

・簡単なタッチ操作

・200ANSIルーメン

・プレミアムオートフォーカス機能

・300インチの大画面


持ち運び可能なポータブルサイズなのに高スペックなモバイルプロジェクター。


インテリアとしても馴染むデザインになっているため、設置場所に困ることなくおしゃれに映像体験ができます。

 

映像品質

特徴ともいえる映像品質は業界の中でもトップレベル。


これまでのモバイルプロジェクターはWVGA854*1080p解像度が主流なのに対し、CINEMAGEは4K動画や3D動画も楽しめフルハイビジョン1920*1080pにも対応しています。

 

最大300インチの大画面!

これまでの家庭用プロジェクターは100〜150インチが一般的ですが、約2倍の画像サイズ300インチのスクリーンを投影できます。

 

これ一台で、旅行先やアウトドアシーン、部屋中どこでも高画質な映像を楽しめます。
天井に投影できるのも嬉しいポイント!

 

プレミアムオートフォーカス機能

プレミアムオートフォーカス機能を搭載のため、ピントを手動で調節する手間がなく映像を楽しむことができます。

 

台形補正は上下トータル80度の角度まで自動で水平な投影に修正可能。

 

200ANSIルーメンの明るさ

家庭用モバイルプロジェクターでは高レベルの明るさです。
さらに映画館などで業務用に使われることが多いDLP投影方式を採用!

 

これまで家庭用モバイルプロジェクターに採用されていた液晶方式、3LCD方式と比較しても明るさやコントラストが鮮やかに投影されます。

 

3Wのデュアルスピーカー内蔵

CINEMAGE」はスピーカー内蔵のため、別にスピーカーを用意する必要がありません。
小型ながら高音質で聴くことができます。

 

「CINEMAGE」一台で手軽にホームシアターを楽しめ、持ち運びもできアウトドアシーンでも大活躍です。

 

昼間の利用やライトがあっても十分使える明るさなのに、ピント調整の手間がなく誰でも簡単にプロジェクターを扱えます。

 

LINE登録

モバイルプロジェクターで手軽にはじめてみよう!


ホームプロジェクターを家に設置するとなると、かなりの手間やコストがかかり躊躇してしまいす。
もっと手軽に楽しみた方は、「CINEMAGE」がおすすめです。

 

これ一台あれば、ホームシアターに必要な道具やプロジェクターの置き場所を考える必要もなくなります。

 

またポケットサイズで、どこにでも持ち運びが可能になり家族で楽しんだり、1人の時間に使うなど様々なシーンで活躍してくれます。

 

この記事をSNSでシェア!

LINE登録

【ホームシアターを作る!】プロジェクターの選び方・必要なスペースとは?” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。