BLOGお役立ち記事

プロジェクターの投影方式を解説|LCD方式とDLP方式の違いとは【検証】

プロジェクターのレンズ
「プロジェクターの投影方式がよく分からない」「 LCDLCOSDLPの違いがわからない」と悩んでいませんか?

プロジェクターを比較していると様々な投影方式があり、どれがいいのか迷ってしまいますよね。

最初に結論をお伝えすると、おすすめの投影方式は「DLP方式」です。

この記事では、プロジェクターの3つの投影方式「 LCD・LCOS・DLP」について詳しく解説していきます。

また、DLP方式でおすすめのプロジェクターも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
LINE登録

プロジェクターの投影方式の種類

プロジェクター投影
3つの投影方式

  • LCD方式
  • LCOS方式
  • DLP方式
  • 1つ目の投影方式はLCD方式です。ホームシアター用のプロジェクターとして主流の投影方式で、綺麗なカラー表現を得意としています。

    2つ目の投影方式はLCOS方式です。カラー表現をはじめ解像度・コントラストが優れた投影方式です。

    3つ目の投影方式はDLP方式です。コントラスト比が高くメリハリのある映像を映し出してくれます。

    3つの投影方式をはじめて聞いた方だと、どのような違いがあるのか分かりにくいかもしれません。

    そこで次の章では、3つの投影方式についてメリット・デメリットをお伝えしながら、それぞれの特徴も紹介します。

    LCD方式とは

    プロジェクター投影方式LCD

    出典:液晶プロジェクターとDLP®プロジェクターの違い|株式会社シーマ

    LCD方式の映像を映しだす原理

  • ライト(光源)の光を一旦、ミラーを利用して光の三原色に反射させる
  • 光の三原色である赤色、緑色、青色に分解
  • それぞれにLCDを一つずつ割り当て、1組のレンズから投写
  • LCD方式は「透過型液晶方式」のことで「Liquid Crystal Display」の頭文字をとった略称です。

    ホームシアター用のプロジェクターとしても主流の投影方式です。

    常に赤色、緑色、青色の光を投射しているので、ストレスなくカラー映像を見ることができます。

    LCD方式のメリット

    LCD方式はカラーの表現が得意なプロジェクターで、明るさも十分あります。

    さらに、手頃な価格の物から業務用といった高級モデルまで様々なタイプから選ぶことができます。

    白い映像も綺麗に映し出せるので、会議でプレゼンする時などにも向いています。

    LCD方式のデメリット

    LCD方式のデメリットは、黒いものを表示するのが苦手という点です。

    映像の黒い部分の表現が甘く、ドットの格子が目立つため、コントラストを高くできません。

    そのため、本来「真っ黒」である部分が、グレーっぽくなる傾向があります。

    比較的黒い映像が中心となる映画をみる場合は、少しストレスを感じるかもしれません。

    LINE登録

    LCOS方式とは

    プロジェクター投影方式LCOS

    出典:プロジェクターの様式と原理|オプティメディア

    LCOS方式の映像を映しだす原理

  • 表示パネルに反射型という特殊な構造を使用したタイプ
  • シリコン基板上に液晶層を設ける
  • 映像を表示しながら基板背後の反射板でランプの光を反射させ投写します
  • LCOS方式は「反射型液晶素子」のことで「Liquid Crystal On Silicon」の頭文字をとった略称です。

    LCD方式よりも複雑な作りをしていますが、解像度・コントラストが高性能です。

    LCD方式と同じくカラー映像を綺麗に映しだすことができ、滑らかな映像を楽しむことができます。

    LCOS方式のメリット

    LCOS方式は先ほどお伝えした「解像度・コントラスト」が優れているので、4K対応にも対応しています。

    高性能なプロジェクターを求めている方におすすめと言えるでしょう。

    LCOS方式のデメリット

    高性能で映像が綺麗に映るなら「デメリットはないのでは?」と思うかもしれません。

    しかし高性能な分、作りが複雑でプロジェクターが大きくなりやすい特徴があります。

    また、LCOS方式のプロジェクターは価格が高い傾向にあるため、ハイエンドユーザー向けのプロジェクターと言えます。

    DLP方式とは

    プロジェクター投影方式DLP

    出典:機能一覧(用語解説)| プロジェクター | リコー

    DLP方式の映像を映しだす原理

  • 鏡を使用して光を反射させる
  • 光の反射角度により映像を表示
  • デジタルミラーデバイス(DMD)に光を当てて投写します
  • DLP方式は「デジタルミラーデバイス」を用いた映像表示システムのことで「Digital LightProcessing」の頭文字をとった略称です。

    鏡を使って光を反射させて投影する仕組みで、アメリカの「テキサス・インスツルメンツ」という半導体メーカーが開発した方式です。

    さらに、DLP方式の場合2種類の投影方式があります。

    • 1チップDLP方式(単板式)
    • 3チップDLP方式(3板方式)

    前者は持ち運びが簡単なモバイルプロジェクターに使われることがほとんどで、後者は映画館など大型のプロジェクターに使われます。

    DLP方式のメリット

    DLP方式のメリット

  • 液晶方式よりもコントラストが高い
  • ドットの格子が目立たない
  • 安価なプロジェクターが多い
  • DLP方式はプロジェクターを作る上で、部品数があまり多くないため、小型化しやすい特徴があります。

    そのため、比較的安価なプロジェクターが多いです。

    さらに、経年劣化も少ないというメリットもあります。

    DLP方式のデメリット

    大型プロジェクターに使われる3チップ’(DMD)であれば、問題はないのですが、1チップ(DMD)の場合は「レインボーノイズ」と呼ばれる現象がおこることがあります。

    補足:レインボーノイズとは、DLP(単板式)の唯一の弱点で、映像には含まれていない虹色のような模様が見える現象

    LINE登録

    おすすめの投影方式はDLP方式

    プロジェクター投影

    ここまで3つの投影方式についてメリット・デメリットをお伝えしてきましたが、おすすめは「DLP方式」です。

    「レインボーノイズ」と呼ばれる現象があるものの、価格・映像品質・経年劣化など長期的に見ても使い勝手のいいプロジェクターでしょう。

    また、以下の画像はLCD方式とDLP方式(CINEMAGE)の映像品質の違いです。

    明るさやコントラストが明らかに違うことが確認できます。

    プロジェクター壁に投影
    画像左:LCD方式 画像右:DLP方式(CINEMAGE)

    比較に使用した1万円以下のプロジェクター(画像:左)のスペックは以下の通りです。

    投影サイズ最大72インチ
    明るさ1,200lm
    解像度480p
    投影方式LCD

    DLP方式のおすすめモバイルプロジェクター|CINEMAGE

    プロジェクターCINEMAGE Pro

    DLP方式のおすすめのモバイルプロジェクター「CINEMAGE」を紹介します。

    CINEMAGEは2種類のモデルがあり「CINEMAGE Pro」と「CINEMAGE mini」があります。

    CINEMAGE ProCINEMAGE mini
    投影方式DLP方式DLP方式
    明るさ200ANSIルーメン100ANSIルーメン
    解像度1920×1080P854×480P
    スピーカー3Wデュアルスピーカー3Wデュアルスピーカー
    スクリーンサイズ300インチ180インチ
    フォーカスオートオート

    それぞれの特徴について紹介していきます。

    投影方式

    プロジェクター天井投影

    CINEMAGE Pro」「CINEMAGE mini」のどちらを選んでも「DLP方式」なので、コントラストの高さやドットの格子が目立たずに映像を楽しめます。

    経年劣化も少ないと言われているDLP方式なので、長期的に使用できるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

    明るさ

    プロジェクター壁に投影

    CINEMAGEの明るさは、米国規格協会によって定められた統一規格である「ANSIルーメン」です。

    ルーメン(lm)表記のプロジェクターだと、例え同じ「1000lm」と表記されていても、メーカーによって明るさにばらつきがでてしまいます。

    一方、ANSIルーメンは世界共通のルーメン規格なので、明るさにばらつきがない製品です。

    接続性の高さ

    CINEMAGE接続

    CINEMAGEは小型のモバイルプロジェクターですが様々な接続方法に対応しています。

    CINEMAGEの接続事例

  • HDMI接続
  • USB接続
  • 無線接続
  • さらに、ミラーリングもできるので、ホームシアターだけでなくビジネスシーンでも活用できるモバイルプロジェクターです。

    別の記事で接続方法について解説しました。ぜひ参考にしてみてください。

    プレミアムオートフォーカス機能

    プロジェクターオートフォーカス

    CINEMAGEは「プレミアムオートフォーカス機能」搭載なので、ピント調整の手間がありません。

    これまでは手動でピント調整をするモバイルプロジェクターがほとんどでしたが、その手間を省いたのがCINEMAGEのプロジェクターです。

    電源を入れればすぐにピント調整をしてくれるので、すぐに映像を楽しむことができます。

    さらに「キーストーンオート補正」も装備されているため、上下トータル80度の角度まで、自動で水平な投影に修正してくれます。

    まとめ

    今回の記事ではプロジェクターの投影方式についてお伝えしました。

    プロジェクターの投影方式は大きく分けて3つありますが、おすすめは「DLP方式」です。

    映像品質の高さや経年劣化しにくいといったメリットがあり、5万円〜1万円と安価な製品も多いです。

    以下の記事ではプロジェクターの値段による機能の比較検証をした内容をまとめました。

    具体的にどのプロジェクターを選べばいいのか分かりやすく解説してます。

    この記事をSNSでシェア!

    LINE登録