BLOG

5万円~1万円以下の安いおすすめモバイルプロジェクターを徹底比較!

安いモバイルプロジェクターは、コストを抑えるために、機能を制限していると聞きます。安いモバイルプロジェクターはどれも、スペックが低い機種ばかりと思っていませんか?

この記事では、安いモバイルプロジェクター3機種を実際に使い、選ぶ基準や注意点を元に比較しています。

安いモバイルプロジェクターはたくさんありすぎて、コスパのよい商品の選び方がわからないという方は、ぜひ読んでみてください。

安いモバイルプロジェクター3機種の価格を比較

左からCINEMAGE mini、U3万円の機種、U1万円の機種

安いモバイルプロジェクター3機種を実際に使って、価格の違いを比較しました。

U5(アンダー5)万円のCINEMAGE mini、U3(アンダー3)万円の機種、U1(アンダー1)万円の機種、3機種のスペックを表にまとめたので、比較の参考にしてください。

比較要素CINEMAGE mini(U5万円)U3万円の機種U1万円の機種
サイズ7.2×7.2×10.6cm6×6×5.8cm14.5×9.3×5.6cm
投影サイズ最大180インチ最大120インチ最大72インチ
アスペクト比16:916:916:9
明るさ100ANSIルーメン50ANSIルーメン1200ルーメン
解像度854×480854×480480P
対応OSAndroid9.0Android7なし
バッテリー容量7000mAh3400mAh最大1.5時間
ストレージ16GB16GBなし
インターフェイスHDMI、USB、イヤホンジャックHDMI、USB。イヤホンジャックHDMI、USB、AV IN
Wi-Fi接続×
台形補正×
3機種のスペック表

CINEMAGE mini(U5万円)

CINEMAGE mini(U5万円)は、なぜこの価格なのでしょうか。

CINEMAGEといえば、大画面、高画質、画面をはっきりと映せる明るさとコントラスト、どこでも持ち運び可能で、さまざまなコンテンツを楽しめる機種です。

CINEMAGEは、7万円台のハイエンドモデルとして販売されています。CINEMAGE mini(U5万円)は、それよりも安い価格設定です。

ハイエンドの性能を多くの人に体感してほしいことから、CINEMAGE miniが誕生したのです。しかし、コストが安いのは嬉しいことだが、CINEMAGEの魅力が半減する可能性があります。

実際にCINEMAGE miniを使ってみたところ、CINEMAGEブランドの魅力はそのままに、U5万円という価格設定も頷けたのです。

U3(アンダー3)万円の機種

CINEMAGE miniよりも安い、U3万円の機種と比較してみます。U3万円の機種は、豊富なコンテンツとコンパクトさを強みにした機種であると、実感しました。

CINEMAGE miniとの大きな違いは、携帯性に優れていたのです。CINEMAGE miniの半分くらいの大きさとなります。

この機種もCINEMAGE mini同様に、さまざまな接続性や、Android OSを搭載した機種です。ここまでなら、U3万円の機種でもよいのではと思います。

しかし、安いモバイルプロジェクターは、携帯性にこだわるあまり、明るさを犠牲にする機種が多いのです。

CINEMAGE miniは携帯の手軽さと、明るさがバランスよく設計され、CINEMAGE本来の魅力を維持していると言えます。

U1(アンダー1)万円の機種

U3万円の機種とU1万円の機種を比較してみます。U1万円の機種は内蔵バッテリー搭載なので、場所を選ばず投影が可能です。

使用してみたところ、U1万円の機種は性能に偏りのある機種であることがわかりました。U1万円の機種は、有線での接続に特化しており、デバイスと繋いで画面を投影可能です。

他の2機種よりも、明るさが劣っています。投影はできますが、非常に暗く、見づらいです。

プロジェクター単体では、機能もあまりなく、U1万円以下の機種では満足できない結果となりました。

安いモバイルプロジェクターの基本性能9個で比較

3機種の価格面を見てきましたが、モバイルプロジェクターに備わっているべき基本性能をまとめました。そのうえで、安い3機種のどれを選べばよいかを徹底比較しました。

基本性能①:明るさ

モバイルプロジェクターのスクリーンの見やすさを決定する要素は、明るさです。使用環境によって最適な明るさを出せるモバイルプロジェクターでないと、満足に投影できません。

もし十分な明るさを出せないモバイルプロジェクターを選んでしまうと、日中での使用が困難になる場合もあります。

ここで注目するのは、明るさの数値です。明るさは「ルーメン」で、表記されています。

家庭用のモバイルプロジェクターに採用されているのは、100~2000ルーメンです。

CINEMAGE miniや、U3万円の機種の場合、「ANSIルーメン」という表記がされています。「ANSIルーメン」とは、アメリカの規格協会のANSIが定める、国際標準の規格です。

単にルーメンと表記してあるものは、メーカー独自の計測方法の場合があるので、統一性がありません。ANSIルーメンの表記なら、国際規格に沿って計測されているので、信頼性があります。

U1万円の機種は、1200ルーメンと明るそうなルーメン値のように感じられますが、実際にCINEMAGE miniと比較した画像がこちらです。

右がCINEMAGE mini、左がU1万円の機種です

CINEMAGE miniの100ANSIルーメンは、 U1万円の機種の1200ルーメンよりも明るいとわかりました。続いて、CINEMAGE miniと、U3万円の機種の明るさを比較してみます。

右がCINEMAGE mini、左がU3万円の機種です

映画や写真を楽しむのなら、より鮮明に映し出されているCINEMAGE miniを選びたいです。

基本性能②:解像度

安いモバイルプロジェクターの解像度は、480Pが主流となります。480Pというのは、アスペクト比16:9の比率に合わせた解像度です。

CINEMAGE miniと、U3万円の機種の解像度は、854×480となっています。この表記は、横×縦それぞれの光の数を示しています。この数が多ければ多いほど、より鮮明な映像表現が可能です。

480P以上の高解像度となると、高額なモバイルプロジェクターの分野となってきます。ここまでの解像度が、コストを抑えるためには限界なのです。

3機種のアスペクト比を見てみると、16:9となっています。You Tubeなどの動画コンテンツも16:9が主流で、さまざまな動画コンテンツに最適化されているのです。

実際に3機種を同じ画面の大きさで投影し、見比べてみましょう。

右下CINEMAGE mini、左下U3万円の機種、上U1万円の機種

3つの機種は、480Pの解像度となっており、右下のCINEMAGE miniが一番鮮明に映っています。

画面全体の明るさのバランスが取れているので、480Pの解像度でも見やすくなっているのです。

基本性能③:接続性

モバイルプロジェクターの活用法として、あらゆるデバイスに接続して投影という使い方があります。会議室で資料投影をしたいとき、コンパクトで場所を取らないモバイルプロジェクターは便利です。

安いモバイルプロジェクターでも、ビジネス用途に十分対応できる実力を持っているのです。少し小さなミーティングルームや、会議室でも、大画面対応なら問題なく投影できます。

重要となるのが、あらゆる接続方法に対応しているかどうかです。

家庭用として使うにしても、ゲームをしたいならHDMIケーブルに対応しているか気になります。3機種の接続性を見ていきましょう。

CINEMAGE mini

CINEMAGE miniの接続性を見ていきます。インターフェイスは、HDMI、USB、イヤホンジャックです。

HDMI対応なら、PCの画面共有や、ゲーム機と接続して大画面で遊べます。イヤホンジャックは、イヤホンやヘッドホンと繋がるのはもちろん、音声出力端子なので、外部スピーカーとも接続可能です。

無線での接続は、Wi-Fi、Bluetooth、ミラキャストに対応です。

Wi-Fiを使用して、EShareを使い画面共有ができます。ミラキャストに対応していないスマホも、EShareなら共有できるのです。スマホのゲームアプリの画面を共有できるので、大画面で楽しめます。

Bluetoothによって、写真の共有も可能です。音楽ファイルもやり取り可能で、モバイルプロジェクターの内部ストレージに保存できます。音楽アプリで、いつでも再生可能です。

CINEMAGE miniは、Bluetoothスピーカーにもなってしまうので、手軽にお気に入りの音楽を聞けます。

さまざまな接続方法に、柔軟に対応したモバイルプロジェクターであると言えるのです。

U3万円の機種

U3万円の機種のインターフェイスは、HDMI、USB、イヤホンジャックです。

HDMI端子の接続部はミニHDMI対応となっています。付属のHDMIケーブルは使えますが、タイプAのHDMIコネクタは接続できないので、ケーブルを選ぶ必要があるのです。

無線接続もWi-Fi、Bluetooth対応です。Wi-Fiでの画面共有、Bluetoothでのファイルのやり取りもできます。

音楽ファイルのやり取りもできますが、Bluetoothスピーカーの役割がなく、モバイルプロジェクター内のアプリで楽しむようです。

対応力は、CINEMAGE miniより少しもの足りないという結果になりました。しかし、3万円以下の機種でも、柔軟な接続性があると言えます。

U1万円の機種

U1万円の機種のインターフェイスは、HDMI、USB、AV INです。

Wi-FiとBluetooth接続がなく、無線で接続ができません。

モバイルプロジェクター単体でネット動画を楽しめず、PCかスマホを接続し、You Tubeにアクセスしてから、画面共有するしかないのです。

AmazonプライムビデオやNetflixなどのコンテンツを見るためには、Fire TV Stickを購入する必要があります。

3機種の接続性を見て感じたことは、モバイルプロジェクターというと、どこでも持ち運べる携帯性があり、場所を選ばずユビキタスにあらゆるコンテンツを楽しめる利便性が求められます。

柔軟な接続性を備えている機種こそ、「モバイルプロジェクター」と呼べます。

基本性能④:OS搭載

Android OSが搭載されているかどうかで、利便性が違ってきます。モバイルプロジェクター単体で、あらゆるコンテンツが利用可能になります。

Android OS搭載ということは、モバイルプロジェクターだけどスマホであるということです。さらにWi-Fi接続とストレージが内蔵されていれば、もうやりたい放題です。

Googleプレイストアからアプリをインストールできるので、Amazonプライムビデオやhuluを視聴できます。他にもAbemaやニコニコ動画などのアプリも見放題です。

Android OS搭載のモバイルプロジェクターがあれば、テレビやモニターがいらないといっても過言ではありません。家庭に大画面のテレビを用意するとなると、10万円前後はかかってしまいます。

大画面対応の安いモバイルプロジェクターで、かつAndroid OS搭載であれば、家庭には十分すぎるほどの多量のコンテンツにアクセスし、映し出せるのです。

CINEMAGE miniやU3万円の機種のモバイルプロジェクターなら、その手軽さを手に入れられます。

基本性能⑤:内蔵バッテリー

モバイルプロジェクターに内蔵バッテリーが搭載されていれば、電源ケーブルから開放され、さまざまな場面で活用可能です。

例えばお料理をしながら、壁にレシピを表示させておけます。スクリーンはいらず、場所を選ばず、どこにでも映し出せるのです。

4000mAh以上なら、2時間以上稼働できます。CINEMAGE miniは、7000mAhの大容量バッテリー搭載で、USBケーブルでスマホの充電も可能です。長時間稼働しているので、時間を忘れて映画やゲームを大画面で楽しめました。

U3万円の機種とU1万円の機種のモバイルプロジェクターは2時間足らずで、バッテリー残量が低下の表示が現れ、充電のために電源に繋がなければなりません。

長時間電源から開放されるモバイルプロジェクターのほうが、邪魔されず楽しめます。

基本性能⑥:投影距離

CINEMAGE miniを投影

モバイルプロジェクターの投影距離も、チェックが必要です。小さいスクリーンに映すなら、投影距離は近くなります。大きいスクリーンに映すなら、投影距離も遠くなるのです。

つまり、投影距離の幅が大きいほど、スクリーンの大小に対応できます。

3機種を同じ距離で、大画面投影してみました。

U3万円の機種を投影
U1万円の機種を投影

投影距離は最大で、CINEMAGE miniは5.5m、U3万円の機種は5.3m、U1万円の機種は2.4mです。

CINEMAGE miniは180インチの大画面なので、投影距離の幅も長くなります。家庭で楽しむのなら投影距離が3mでも、満足できる大画面投影でした。

少しぼやける程度で、映像の見づらさはほとんど感じません。側面にはフォーカスを調整するノブがついているので、ぼやけても調節できました。

基本性能⑦:自動台形補正

自動台形補正とは、斜めから投影しても、画面の歪みを修正してくれる機能のことです。斜めから投影できるので、投影距離を稼ぐことができない狭い空間でも対応できます。

CINEMAGE miniとU3万円の機種は、自動台形補正機能が完備されているのです。

三脚を使ってモバイルプロジェクターを傾けて投影すると、画面は台形の形に歪んでしまいます。歪んだ画面をモバイルプロジェクターが自動で平面画面に直してくれるのです。

画面を高い位置に映したいとき、自動台形補正機能があると助かります。

角度や投影場所によっては、自動で認識しない場合があります。そのときは、手動で調整も可能です。

写真のように、これならどこに投影しても、見やすく画面を調整可能です。

基本性能⑧:スピーカー

スピーカー搭載なら、モバイルプロジェクターだけで音を出せます。3機種とも、スピーカー搭載です。

その中で音質が良かったのはCINEMAGE miniで、3Wのスピーカーを搭載していました。

他の2機種は、音が割れてしまったり、曇ったように聞こえたりと、満足に聞けない音だったのです。

CINEMAGE miniははっきりとしたクリアなサウンドで、大変満足できました。CINEMAGE miniは、Bluetoothスピーカーとしても活用可能です。

音楽ファイルをやり取りしなくても、スマホの音楽を高音質のスピーカーで手軽に聞けます。

基本性能⑨:冷却ファンの音

モバイルプロジェクターを使用していて、気になったのは冷却ファンの音です。3機種とも映像を再生中にファンの音を出しているので、人によってはうるさく感じます。

モバイルプロジェクターを長時間使用していると、本体が熱を帯びてしまうのです。冷却ファンを常に稼働させないと、モバイルプロジェクターが故障してしまいます。

CINEMAGE miniは、冷却ファンの強さを調節可能です。ちょっとうるさいかなと感じたとき、調節すると静音になります。

安いモバイルプロジェクターを選ぶときの注意点

安いモバイルプロジェクターを選んでも楽しめそうですが、デメリットもあるのです。

画面の見やすさを決定するのが、DLP方式の種類と、コントラスト比となります。

安い機種は単板方式のDLP方式が採用されており、虹色の残像が見えてしまいます。コントラスト比が小さく設定されているため、はっきり見えない結果となるのです。

また、画面全体の明るさが均一ではなく、光源が強い中心部と弱い四隅の補正がされている機種が多くありません。

安いモバイルプロジェクターを選ぶときは、注意が必要なのです。

安いモバイルプロジェクターの比較でCINEMAGE miniが最高な理由

安いモバイルプロジェクターを比較し、選んだのはCINEMAGE miniです。

モバイルプロジェクターは見やすいというのが、一番に重視するポイントであると考えます。CINEMAGE miniは大きく投影しても、なかなか画面がぼやけにくいです。180インチという大きさは、テレビを買うよりも安い買い物です。

どこでも持ち運びが可能で、どこでも投影できる、自由度が遥かに違います。

CINEMAGEの魅力をそのまま残し、しかも安く提供されているのです。こんなにメリットが多い機種を選ばない理由がありません。

安いモバイルプロジェクターは家族で楽しもう

安いモバイルプロジェクターと聞くと、満足に使えないという印象をお持ちかもしれません。しかし、家族で楽しむのに十分なら、安いモバイルプロジェクターを選択する理由になります。

安くコストを抑えるために、自分の目的に合った機種を選びましょう。

最終的に筆者が選んだ安いモバイルプロジェクターは、CINEMAGE miniです。安くても、高性能な機種であるCINEMAGE miniが気になる方は、ぜひ下のリンクをチェックしてください。