MAGAZINEお役立ち記事

5万円~1万円以下の安いおすすめモバイルプロジェクターを徹底比較!

  • プロジェクターを購入したいけれど、値段が高いものが多くて手が出せない。
  • 安いプロジェクターはしっかり写るのか不安
  • 具体的にどのプロジェクターがいいのかわからない

このような悩みをお持ちの方に向けて、5万円以下、3万円以下、1万円以下のプロジェクターの機能を比較して、選ぶ際の基準や注意点をご紹介していきます。

LINE登録

安いモバイルプロジェクター3機種の基本性能を比較

左から5万円以下のCINEMAGE mini、3万円以下の機種、1万円以下の機種

今回比較するプロジェクターはそれぞれ、5万円以下(CINEMAGE mini)、3万円以下、1万円以下で購入できる、比較的安いモデルです。

まずは、5万円以下のCINEMAGE mini、3万円以下の機種、1万円以下の機種、3機種のスペックを表にまとめました。

比較要素CINEMAGE mini3万円以下の機種1万円以下の機種
サイズ7.2×7.2×10.6cm6×6×5.8cm14.5×9.3×5.6cm
投影サイズ最大180インチ最大120インチ最大72インチ
アスペクト比16:916:916:9
明るさ100ANSIルーメン50ANSIルーメン1200ルーメン
解像度854×480854×480480P
対応OSAndroid9.0Android7なし
バッテリー容量7000mAh3400mAh最大1.5時間
ストレージ16GB16GBなし
インターフェイスHDMI、USB、イヤホンジャックHDMI、USB、イヤホンジャックHDMI、USB、AV IN
Wi-Fi接続×
台形補正×

5万円以下のモバイルプロジェクター|CINEMAGE mini

CINEMAGE mini

5万円以下のプロジェクターのCINEMAGE miniは、高性能モデルCINEMAGE Proより小型で安価なモデルで、初めてのプロジェクターにピッタリな機種です。

比較項目CINEMAGE ProCINEMAGE mini
価格¥78,400¥49,800
直径サイズ9.0cm10.6cm
投影方式DLPDLP
投影サイズ300インチ180インチ
明るさ200ANSIルーメン100ANSIルーメン
解像度1920×1080P854×480P
対応OSAndroid OS 7.1.2Android TV OS 9.0
内蔵バッテリー8,000mAh7,000mAh
メモリ2GB2GB
ストレージ16GB16GB
スピーカー出力3W3W
操作リモコンタッチパネル

CINEMAGE miniは安価ながらも、Android TV OS搭載180インチ投影など、非常に高性能なスペックとなっています。

今回比較する機種の中では最も高い価格ではありますが、5万円クラスになると性能が高く、安心して使用することができる機種が増えてきます。

3万円以下のモバイルプロジェクター

今回検証に使用した3万円以下の機種は、豊富なコンテンツコンパクトさを強みにした機種です。

特にコンパクトさに優れており、3万円以下の機種をCINEMAGE miniと比較すると、半分くらいの大きさとなります。

しかし3万円以下のモバイルプロジェクターは、明るさが不十分なものも多いので注意が必要です。

上図のように、夜に電気を消して使用する場合には問題ありませんが、昼間では見づらい場合があります。明るさについては、後ほど詳しく検証していきます。

1万円以下のモバイルプロジェクター

1万円以下のプロジェクターになると、明るさが不十分、OSが搭載されていない、台形補正機能がないといった機能面の不足が気になりました。

バッテリー容量も少ないので、基本的には電源に接続し、映像も有線で入力することになります。

1万円以下のプロジェクターを選ぶ際は、使用用途が限られてしまうので注意が必要です。

一人暮らしにオススメのプロジェクターはこちらから!

安いモバイルプロジェクターの基本性能9個で比較

ここからは、「明るさ」「解像度」「接続性」など、より細かい性能について比較していきます。

基本性能①:明るさ

プロジェクターを選ぶ際に、最も重要視されるのが明るさです。

明るさはルーメンという単位で表記されている場合と、ANSIルーメンという単位で表記されている場合があります。

CINEMAGE miniでは、「ANSIルーメン」という単位を採用しています。「ANSIルーメン」とは、アメリカの規格協会のANSIが定める、国際標準の規格です。

単にルーメンと表記してあるものは、メーカー独自の計測方法の場合があるので、統一性がありません。ANSIルーメンの表記なら、国際規格に沿って計測されているので、信頼性があります。

実際、1万円以下の機種は1,200ルーメンと、数字が大きく明るそうに感じられますが、100ANSIルーメンのCINEMAGE miniと比較すると下図のようになります。

左が1万円以下の機種/右がCINEMAGE mini

上図からも分かる通り、数字が大きければ明るいというわけではありませんので、モバイルプロジェクターの明るさを比較する際には、明るさの単位にも注意してください。

続いて、CINEMAGE miniと、3万円以下の機種の明るさを比較してみます。

左がCINEMAGE mini/右が3万円以下の機種

5万円以下のCINEMAGE miniが100ANSIルーメンに対し、3万円以下の機種は50ANSIルーメンのため、比べると明るさに差が出ていることがわかります。

LINE登録

基本性能②:解像度

安いモバイルプロジェクターの解像度は、480Pが主流となります。480Pというのは、アスペクト比16:9の比率に合わせた解像度です。

CINEMAGE miniと、3万円以下の機種の解像度は、854×480となっています。この表記は、横×縦それぞれのドット数を示しています。この数字が大きいほど、より鮮明な映像表現が可能です。

480P以上の高解像度を求めると、より高額な機種を選択する必要が出てきます。ちなみに、7万円台のCINEMAGE ProフルHDの1080Pに対応しています。

実際に3機種を同じ画面の大きさで投影し、比較してみましょう。

左下が3万円以下の機種/上が1万円以下の機種/右下がCINEMAGE mini

3つの機種は全て480Pの解像度となっていますが、画面全体の明るさのバランスなども影響して、見やすさに差が出ていると思います。

基本性能③:投影方式

プロジェクターは、投影方式によって彩度や、コントラスト比が異なり見た目の綺麗さが異なります。

1万円以下の機種はLCDという液晶を用いた投影方式が一般的で、カラーの表現が得意ですが、コントラストが低い、ドットの格子が目立つ、劣化しやすいなどのデメリットがあります。

3万円以下のモデルと5万円以下のCINEMAGE miniは、DLP方式を採用しています。

DLP方式は、コントラストが高く、ドットの格子が目立たない、劣化しにくいなどの特徴があります。

LINE登録

基本性能④:接続性

モバイルプロジェクターの活用法として、パソコンやタブレット、スマホを接続して画面を表示させるという方法があります。

安いモバイルプロジェクターでも、家庭だけでなくビジネスシーンでも活躍します。

しかし、プロジェクターの入力端子の種類や無線接続機能によっては、別途アダプターが必要になったり、最悪の場合は接続できなかったりするため、接続性についてはしっかりとチェックしておきましょう。

5万円以下のプロジェクター|CINEMAGE mini の接続性

まずはCINEMAGE miniの接続性を見ていきます。入力端子は、HDMIUSBイヤホンジャックです。

HDMI対応なので、PCの画面共有や、ゲーム機と接続して大画面で遊ぶことができます。イヤホンジャックは、イヤホンやヘッドホンと繋がるのはもちろん、音声出力端子なので、外部スピーカーとも接続可能です。

無線での接続は、Wi-FiBluetoothミラキャストAirPlayに対応しています。

AirPlayに対応しているので、iPhoneからも簡単に無線でミラーリングすることができます。

Bluetoothによって写真や音楽ファイルの共有も可能で、16GBあるCINEMAGE miniの内部ストレージに保存できます。

CINEMAGE miniはスピーカーも搭載しているため、Bluetoothスピーカーのように手軽にお気に入りの音楽を聞けます。

3万円以下のモバイルプロジェクターの接続性

3万円以下の機種の入力端子は、HDMIUSBイヤホンジャックです。

HDMI端子はミニHDMIとなっているため、フルサイズのHDMIケーブルを使用する場合は、別途変換アダプターが必要です。

無線接続はWi-Fi、Bluetoothに対応し、Wi-Fiでの画面共有、Bluetoothでのファイルのやり取りもできます。

音楽ファイルのやり取りもできますが、スピーカーが内蔵されていないため、別途スピーカーが必要になります。

今回使用した3万円以下の機種では、接続性にややデメリットが感じられました。

1万円以下のモバイルプロジェクターの接続性

1万円以下の機種の入力端子は、HDMIUSBAV INで、Wi-FiとBluetooth接続には非対応です。

そのため、モバイルプロジェクター単体でインターネットに接続することはできないので、AmazonプライムビデオやNetflixなどのコンテンツを見るためには、Fire TV Stickを購入する必要があります。

基本性能⑤:Android OS搭載

Android OSはもともとスマートフォン用のOSですが、最近ではプロジェクターやテレビにも搭載されるようになってきています。

Android OSが搭載しているプロジェクターやテレビは、インターネットに接続しスマホのようにアプリを使用することができます。これにより、NetflixやAmazonプライムビデオ、YouTubeなどがプロジェクター単体で視聴できます。

今回比較したモバイルプロジェクターでは、CINEMAGE miniと3万円以下の機種がAndroid OSを搭載していました。

なおCINEMAGE miniには、プロジェクターやTVに最適化されたAndroid TV OSが搭載されているので、より快適に操作することができるようになっています。

LINE登録

基本性能⑥:内蔵バッテリー

モバイルプロジェクターに内蔵バッテリーが搭載されていれば、電源ケーブルから開放され、さまざまな場面で活用可能です。

例えば料理をしながら、壁にレシピを表示させておけたり、キャンプなどのアウトドアでも使用することができます。

4000mAh以上なら、2時間以上稼働できます。CINEMAGE miniは、7000mAhの大容量バッテリー搭載で、USBケーブルでスマホの充電も可能です。長時間稼働しているので、時間を忘れて映画やゲームを大画面で楽しめました。

3万円以下の機種と1万円以下の機種のモバイルプロジェクターは2時間足らずで、バッテリー残量が低下の表示が現れ、充電のために電源に繋がなければなりませんでした。

基本性能⑦:投影距離

今回比較している3機種の投影サイズは以下の表の通りですが、表記されている最大サイズで投影するにはスクリーンとプロジェクターの距離「投影距離」が必要になります。

比較要素CINEMAGE mini3万円以下の機種1万円以下の機種
投影サイズ最大180インチ最大120インチ最大72インチ

特にプロジェクターを部屋の中で使用する際には、この投影距離を考慮する必要があります。

そこで、3機種を部屋の同じ場所から壁(約3mの距離)に投影し、画面のサイズを比較していきたいと思います。

CINEMAGE miniで投影
3万円以下の機種で投影
1万円以下の機種を投影

5万円以下のCINEMAGE miniと3万円以下の機種がほぼ同じサイズで、1万円以下の機種がやや小さいサイズで投影されました。

なお、CINEMAGE miniは180インチまで対応しており、家庭で楽しむのなら投影距離が3mでも満足できる画面サイズでした。

基本性能⑧:自動台形補正

自動台形補正とは、斜めから投影しても、画面の歪みを自動で修正してくれる機能のことです。斜めから投影できるので、投影距離を稼ぐことができない狭い空間でも対応できます。

今回の場合、CINEMAGE miniと3万円以下の機種は、自動台形補正機能が搭載されていました。

三脚を使ってモバイルプロジェクターを傾けて投影すると、画面は台形の形に歪んでしまいますが、歪んだ画面をモバイルプロジェクターが自動で平面画面に直してくれるので、非常に便利な機能です。

角度や投影場所によっては、自動で認識しない場合がありますが、そのときは手動で調整することも可能です。

基本性能⑨:スピーカー

スピーカー搭載のモバイルプロジェクターなら、別途スピーカーを用意しなくても音を出すことができます。

今回検証した3機種ともスピーカーを搭載していましたが、3万円以下の機種と1万円以下の機種は音質が悪く、音割れもしている状態でした。

一方5万円以下のCINEMAGE miniは3Wのスピーカー内蔵で、はっきりとしたクリアなサウンドでした。

プロジェクターから音を流して楽しみたい方は、スピーカーの質についてもチェックしてみてください。

基本性能⑩:冷却ファンの音

最後に、モバイルプロジェクターを使用していて、気になったのは冷却ファンの音です。3機種とも映像を再生中にファンの音を出しているので、人によってはうるさく感じます。

プロジェクターは使用中にかなりの発熱量があるため、冷却ファンの動作音は仕方ないものではあります。

しかし、CINEMAGE miniには冷却ファンの強さを調節可能な機能があり、静かなシーンの動画を楽しみたい時などにとても重宝します

LINE登録

安いモバイルプロジェクターの比較でCINEMAGE miniが最高な理由

安いモバイルプロジェクターを比較し、選んだのはCINEMAGE miniです。

モバイルプロジェクターは見やすいというのが、一番に重視するポイントであると考えます。CINEMAGE miniは大きく投影しても、なかなか画面がぼやけにくいです。180インチという大きさは、テレビを買うよりも安い買い物です。

そして、どこでも持ち運び可能で、どこでも投影できる自由度がとても魅力的なプロジェクターです。

安いモバイルプロジェクターは家族で楽しもう

安いモバイルプロジェクターと聞くと、満足に使えないという印象をお持ちかもしれません。しかし、家族で楽しむのに十分なら、安いモバイルプロジェクターを選択する理由になります。

コストを抑えるために、自分の目的に合った機種を選んでみてください。

CINEMAGE miniが気になる方は、ぜひ下のリンクをチェックしてください。

この記事をSNSでシェア!

LINE登録